海外の会社設立で有望な国|介護業界で注目のデイサービス経営|高齢者が多い時代に合う開業

介護業界で注目のデイサービス経営|高齢者が多い時代に合う開業

女性

海外の会社設立で有望な国

メンズ

人口が多く着実な経済成長

インドネシアに会社を設立するメリットはたくさんあります。人口が日本の2倍もあって着実に経済成長を続けているので市場需要がとても大きいのです。物価も日本より遙かに低いので人件費コストが安く、製造業を設立するには適しています。ただしインドネシア特有の法律があるので、会社設立には現地のコンサルティング会社をパートナーにした方がスムーズに事を進めることができます。インドネシアで会社を設立する方法には、オーナーを外国人にする場合、インドネシア国籍の人間をオーナーにする場合などがあります。会社の業務内容によってオーナーの決め方などを工夫する必要があり、そのためには現地のコンサルティング会社を利用した方が安全です。

現地のサポート会社が必要

インドネシアで日本人がオーナーの会社を設立する場合は、日本人が100パーセント出資の株式会社にすることができます。このようにすれば株の持ち合いについて現地人とのトラブルを避けることができます。ただし全額外国資本なので、インドネシア政府機関のチェックが厳しくなります。またインドネシア人をオーナーにして日本人が会社設立する場合、設立費用が外資100パーセントに比べて安く設立することができます。名義上はインドネシア人がオーナーなので、政府のチェックも甘くなります。いずれの設立についても現地のコンサルティング会社のサポートが必要で、そのためには日本人スタッフがいるコンサルティング会社を選んだ方が意思の疎通がやりやすいです。