介護業界で注目のデイサービス経営|高齢者が多い時代に合う開業

レディ

通所介護の開業ポイント

老人たち

相談員と介護職員の確保

高齢化社会には色々な介護施設が必要ですが、今後ますます重要視されるのがデイサービスです。これは通所介護と呼ばれるサービスですが、自宅と施設の送迎や入浴介助、食事の提供などが行われます。社会的な要求もあってデイサービスを開業する人も増えています。経営規模にもよりますが、小規模経営でも相談員と介護職員は必要になります。規模によっては適性人数を確保しないと開業できない場合があります。デイサービスを利用する高齢者はほとんどの人が入浴をします。それが楽しみで利用するのです。入浴設備と介助職員の確保は経営戦略としても外せないポイントです。開業する場所ですが、車で送迎するので郊外の環境の良い場所でも大丈夫です。街中のゴミゴミした立地よりも、広々とした郊外の方が利用者には好評です。

自宅をリフォームして開業

デイサービスを開業する場合に問題になるのが資金です。物件を借りる場合には毎月の賃料がかかります。その他に契約時に保証金が6ヶ月分程度必要になります。郊外に自宅があって広い敷地を所有している場合は、敷地内にデイサービスの施設を建てるという方法もあります。この場合は建設費はかかりますが、毎月の賃料の負担がなくなるので、経営が順調にいけば収益を確保できます。また自宅の一部をデイサービス用にリフォームするといった方法もあります。特に大切なのは入浴施設だけなので、それを中心にリフォームすれば開業の初期費用をかなり抑えることができます。リフォームの時にバリアフリーと安全性に配慮することが大事です。郊外に広い住宅や敷地を所有している場合は、デイサービスの経営に向いています。

海外の会社設立で有望な国

メンズ

人口が世界で4位の国であるインドネシアは、市場が大きいため会社を設立するにはよいとされています。着実に経済成長しているので、市場の拡大も期待できます。しかしオーナーを日本人にするか現地人にするかによってメリットが違うので、現地のコンサルティング会社をパートナーにした方がスムーズに進みます。

詳しくはこちら

企業の海外進出で人気の国

複数の人

海外で会社設立する場合に注目度が高いのがインドネシアです。人口が日本の2倍なので需要が多く、経済発展する潜在能力があります。外資100パーセントの株式会社が設立できるので、株を巡るトラブルを回避できます。設立前のマーケット調査と販売目標の設定が大事で、そのためには信頼できるパートナーが必要です。

詳しくはこちら

メリットはあるのか

拉麺

ラーメン屋は比較的低資金で独立できるメリットがあります。ラーメン屋として独立する場合には、まずは美味しいラーメンを作れることがポイントです。また独立開業してお店を持つためには食品衛生責任者の資格が必要になります。

詳しくはこちら